BLOG

2017.06.09更新

アトピー性皮膚炎では皮膚の水分保持能が低下して皮膚バリア機能が低下してしまうために、抗原が皮膚に入り込んで皮膚炎がおきてしまう病気です。

治療の原則は保湿・皮膚炎の程度にあったステロイドの塗布です。ステロイドの抗炎症効果は優れており、症状改善効果があります。一方アレルギーをグロブリンにより抑制する注射薬ヒスタグロビンがあります。アトピー性皮膚炎の症例80%に効果があるとされており、ステロイドによる副作用が懸念される場合や離脱を目指す場合は試してみるといいでしょう。

 

投稿者: 東戸塚メディカルクリニック

2017.04.29更新

採血検査の「血糖」と「中性脂肪」は食事の影響を受けるため、空腹時の採血が必要となります。

 健康診断などで「空腹時」の血液検査を行う場合、4~5時間以上の絶食が望ましいとされます。

正確に中性脂肪の値を測定するためには10時間の絶食が必要となります。

投稿者: 東戸塚メディカルクリニック

2017.04.27更新

大腸内視鏡(大腸カメラ)検査は、大腸粘膜の詳細を検査する目的で行われます。

大腸ポリープ・大腸LST・大腸癌・大腸憩室症・虚血性腸炎・潰瘍性大腸炎・クローン病・腸管アメーバ・ベーチェット病・痔などを診断できます。
大腸検査前日と当日に下剤を内服し、大腸の中を空っぽにしてから検査を行います。
検査を楽に行うための麻酔薬と腸管の動きを弱める薬を点滴から使用しながら検査をしていきます。

検査中にポリープが発見された場合、治療と診断をかねてポリープを切除することができます。

検査時に切除せず、後日改めてポリープを切除するやり方もあります。

大腸のポリープは将来癌になる可性が高いポリープができやすく、ある程度の大きさになって目立つポリープは

検査と治療をかねたポリぺトミーを行うことが推奨されています。

 

大腸ポリープを切除すると、切除した断面から出血したり、腸管に穴があく合併症を生じることがまれにあります。

出血予防のために、ポリープを切除したあとは1週間お酒を控えたり、激しい運動や暴飲暴食を避ける必要があります。

ポリープ切除後再出血した場合は内視鏡的に止血する必要があることがありますので、早めの受診が必要です。

検査中に腸管に穴があく合併症は極めて稀ですが、起きた場合は手術的に修復することも考慮されます。

また、ポリープを切除した部分が数日後に穴があく合併症(遅発性大腸穿孔)もありますが、この場合も状況に応じて手術治療が考慮されます。

 

大腸ポリープ切除後の合併症は多くありませんが、起きた場合は注意が必要となります。

大腸検査後7日間は、重要な予定は入れないで、余裕をもって受けていただくことをお勧めいたします。

 

 

 

投稿者: 東戸塚メディカルクリニック

2016.05.27更新


平成28年6月13日にデュタステリド(ザガーロ)が発売されることが決まりました。この薬は「進行抑制」を効能とする今までの薬とは違い、「発毛」「ボリューム増加」効果を期待できる日本で初めての内服薬です。ザガーロ1か月分30カプセル10,000円(税込)にて受付中です。発毛サイクルの関係で、効果が実感されるまでは6か月程度かかります。効果が最大になるまでは24か月程度の期間を要します。薄毛が気になる方は一度お試しください。

投稿者: 東戸塚メディカルクリニック

2016.05.17更新

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。強い眠気がある、だるさ、倦怠感がある、集中力が続かない、いつも疲労感がある、いびき、何度も目が覚める(お手洗いに起きる)、寝汗をかく、口が渇いている、頭が痛い、ズキズキする、熟睡感がない、すっきり起きられない、身体が重いと感じるなど多彩な症状が出現します。首が短い・首が太い、まわりに脂肪がついている、下あごが小さい、小顔、下あごが後方に引っ込んでいる、歯並びが悪い、舌や舌の付け根が大きいなど身体的特徴がある方は要注意です。鏡の前で、喉を診てもらう要領で大きく口を開けて、舌を下に出してみて、口蓋垂(のどちんこ)が見えない方は先天的に気道が狭い場合があります。睡眠時無呼吸症候群によって生じる日中の眠気は、交通事故・産業事故などにもつながると言われています。ご心配な方は簡易検査が保険診療で可能ですのでご相談ください。

投稿者: 東戸塚メディカルクリニック

2016.04.12更新

平成28年4月から横浜市胃がん内視鏡検診が開始されました。今までは胃がんバリウム検診が主流でしたが、

本年から内視鏡による検診も可能となりました。当院でも横浜市からの委託を受け、内視鏡による検診が可能です。

ご希望の方はご相談ください。横浜市在住の50歳以上の方が対象です。

料金は50歳~69歳の方は3,140円。70歳以上の方は無料となっております。

生活保護世帯の方、市・県民税が非課税または均等割のみ課税世帯の方・69歳以下で後期高齢者医療制度が適応される方・中国残留邦人支援給付制度が適応される方も無料で受けられます。

投稿者: 東戸塚メディカルクリニック

2015.12.15更新

◎治療方法

半年に1回 1ml薬を皮下注射するだけです。

 

◎こんな悩みを抱えている方いませんか?

内服薬が多かったり、飲み方が煩わしく感じている方、なかなか骨量が上がってこない方、注射の回数が多くて減らしたいと考えている方の負担を軽くします。

 

◎治療の流れ

①血液検査で血中カルシウム値などを測定

②採血で問題なければ投与開始

③カルシウム製剤を内服

④1ヵ月後に再度血中カルシウム値を測定

⑤3か月に1回定期的な経過観察と採血

 

◎注意事項

①低カルシウム血症を起こすことがあるので、カルシウム製剤を内服してください。

②抜歯などの歯の治療が必要な際は、必ずご相談ください。

 

 

 

投稿者: 東戸塚メディカルクリニック

2015.08.20更新

宜しくお願い致します。

投稿者: 東戸塚メディカルクリニック

東戸塚メディカルクリニック 電話番号:045-435-9604 メールでのお問い合わせ東戸塚メディカルクリニック 電話番号:045-435-9604 メールでのお問い合わせ
24時間WEB予約 内視鏡の検査はこちら 当院の健康診断・人間ドック まつ毛でお悩みの方 AGAでお悩みの方 わき汗でお困りの方 切らない痔の治療ジオン治療 ED治療 当院で受けられる検査 メディカルブログ ドクターズ・ファイル 健康診断・人間ドック専門外来